昭電事件

昭電事件

 第二次大戦後、昭和電工株式会社復興金融金庫の融資を受けるため、多額の金品を政治家に渡し、政界・財界人多数が贈収賄容疑で逮捕・告訴された事件。芦田内閣の崩壊の原因ともなった。昭電疑獄。

 ‐広辞苑より