新公共管理

新公共管理

市場メカニズムの活用とともに1980年代以降の行政改革を特徴付ける行政管理の思潮であり、その手法としては、福祉国家の肥大した行政活動を管理可能な規模に分割し、これに対して成果主義に基づいた事後統制を行なうことである。