readingグループ

readingグループについて

readingグループについて

第一哲学

 「哲学独自の方法で科学の方法論を整備しておこうとういう立場。」  「われわれが世界について何を信じるべきかということを、われわれが現にどのように信じるようになって...

科学的実在論

 「哲学的探求を科学のうちに埋め込まれた、経験的探求の一コマとして考える。」   -p264  -戸田山和久『科学哲学の冒険』より

反実在論

独立した世界の存在や秩序は認めるが、観察可能なものと観察不可能なものの対比を重視する。

ドッジ・ライン

[Dodge's line]  1949年、GHQ経済顧問として来日したアメリカの銀行家ドッジが日本経済の安定と自立のために与えた指示。また、その指示に従ってなされた財政金融引締め政策。  -...

昭電事件

 第二次大戦後、昭和電工株式会社が復興金融金庫の融資を受けるため、多額の金品を政治家に渡し、政界・財界人多数が贈収賄容疑で逮捕・告訴された事件。芦田内閣の崩壊の原因...

春闘

春期賃金闘争  「日本の労働組合が企業組合を主体としていることから、一定の期間に、全産業規模で戦いを集中して、賃上げの社会的相場を作り出し、これを賃金水準向上のため...

所得政策

 「賃金水準が決定される過程に直接影響を与えることで一般的賃金水準を抑制するための政府の政策」(Wilensky & Turner, 1987, p6)と定義されている。所得政策を成功させるためには労資間...

「オーバー・ローン」構造

 低金利政策=政府の長期貸出の金利規制の人為的抑制の結果、銀行間の競争は資金量(あるいは預金量)をめぐって展開し、旺盛な資金供給に応じるため大量の日銀借入に依存した...

組織された市場

 機能的に分割された「寡占的競争」と中小企業間の「下請的」系列関係とにある(機能的文化・寡占的競争・系列関係)。これらの特徴は自然に生成したのではなく各業界への「参...

産業政策

「特定産業の保護・育成、構造改善、企業救済などを通じて、経済発展や経済近代化の促進、産業構造の高度化、国際競争力の強化、技術革新の促進、などの経済・社会目的を達成す...